エアーで寝心地抜群!段差も解消してくれる車中泊マット-車中泊マットは車中泊専用【高密度ウレタンマット】がお勧め♪

エアーで寝心地抜群!段差も解消してくれる車中泊マット

●快適さの秘訣は厚さ10センチのマット

車中泊する時にどうしても特に気になってしまうのが、車内のデコボコですよね。

シートを倒した後に薄いマットを敷いても、そのデコボコした段差が気になって寝付けなかったり寝心地が悪かったりします。

また次の日に起きた時には、体が痛くなっていることも多いでしょう。

しかし、オンリースタイルの車中泊専用マットは、非常に寝心地が良いことで高評価を得ているんです。

その秘訣は、マットの適度な硬さと厚みにあります。

薄く柔らかなものとは違い、内部に厚さ10センチの高密度ウレタンフォームを使用していることにより段差が気にならず、快適に休むことができるんです。

何度も試作し、たどり着いた素材の厚みです。

それでもさらなる高品質化を目指し、初代から進化を経た車中泊専用マットはフルモデルチェンジに至りました。

従来のものより軽量化し、設置も簡単になりましたし、各部品も耐久性のあるものに改良されています。

設置もとても簡単です。

空気バルブを開くと自然に空気が入って膨らみます。

5分くらいすると空気の吸い込みが終わるので、バルブを閉めだけOKなんです。

これだけで快適なベッドの出来上がりです。

車に敷き詰めてバルブをひねるだけですので労力が要りませんよ。

●収納性に富み、オールシーズン対応

オンリースタイル車中泊専用マットはクオリティーにこだわって作られています。

生地、縫製、各部の品質も細心の注意のもとに選ばれ、製造されています。

表面はサラサラし、かつ柔らかい肌触りのポリエステルが選ばれています。

また裏面はスウェード調になっているため滑り止めにも使えますし、冬には温かい面を使えますので季節の変化にも対応できるようになっています。

重さも従来の3.8キロから3.2キロの軽量化に成功しました。

マットを展開した時の大きさは縦198センチ、横66センチ、厚さ10センチです。

またワイドサイズの100センチ幅も販売されています。

例としてトヨタのボクシー、ホンダのエリシオン、スズキのワゴンRなど、二枚並べて敷き詰めるとピッタリの大きさです。

もし車の幅が足りなくても中のエアーを少し減らして折り曲げて使うこともできますので、どのタイプの車種でも合わせることができます。

またトラックのベッドスペースにもピッタリはまるちょうど良い大きさです。

トラックの運転手さんは夜間に走ることが多いですが、休憩する時に寝心地の良い環境で体を休めることができますよ。

収納時には縦73センチ、横20センチととてもコンパクトな大きさになりますので収納にも便利です。